DOEは、色度データとLED PAR38キャリパーの

DOEは、色度データとLED PAR38キャリパーの研究に追加します

DOEは、色度データとLED PAR38キャリパーの研究に追加します

色度シフトは、LEDベースのランプで1問題である、と米国エネルギー省は、SSLランプの設計とパラメトリックコンポーネントの障害の研究とPAR38ランプ上のキャリパーデータに付加しています。


米国エネルギー省(DOE)は、キャリパーレポート20.5をリリースしました- 「定常状態で運転LED PAR38ランプの色度シフトモードを。」 新しいレポートは、上のパシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)と専門試験装置を用いて測定し、また、長期的なテスト結果でテストが行われている32のLED PAR38ランプモデルの解析実践に基づいています。 研究は、タイミング及び大きさに違いがあったが、試験した全てのランプを横切って時間的一貫性のある色度シフトモードとして記載されている色度シフトの4つのフェーズ(CSM)を同定しました。


DOEのテスト&レポートの詳細記事&発表でチェック! 

20.5は、本質的にPAR38ランプが注目されているキャリパー20シリーズの補足です報告します。 最近では、DOEは、動作の14,000時間後にベースラインの内腔と色度メンテナンスを見て報告書20.4を発行しました。 今レポート20.5は、さらに深く色度話題を深く掘り下げ。 

RTIインターナショナルとPNNLの研究者は、テストおよび評価の最新のラウンドを行いました。 新しい報告書に記載の作業には、2つの主要な要素がありました。 まず、チームはさらにALTA2というカスタム長期試験システムを用いた従来の報告のために収集された動作の14,000時間からデータを検討しました。 この新たな分析では、分光放射データに集中し、チームは以前に集まりました。 第二に、チームを分解したり、試験をLED PAR38ランプの32モデルのティアダウンを行いました。 涙ダウンは、LEDタイプ、LEDボードの温度、および二次レンズや反射鏡などの光学快く含むランプのデザインの要素を文書化。




一般化、報告書は、CSMフェーズの詳細は、各ランプタイプの設計要素に依存するが、ランプは「色度の系統的な年表を示した」と述べました。 色度データは、u'v '(Uプライムとvプライム)パラメータを持つCIE 1976色空間で特徴づけられました。 一般に、ランプが青方向(CSM-1)に第1シフト、緑方向、(CSM-2)、長期間黄色方向(CSM-3)、そして最後にで複雑 な、順次短く次いで、青、黄、青方向(CSM-4)で-duration移行します。 

近く示されているように、報告書はさらに、各サンプルは、1枚の二次レンズを含めた場合には非常に異なるランプ設計を検討しました。 近隣の写真は、単一のチップ・オン・ボード(COB)LEDを有するランプ、ハイパワーLEDの比較的少数で実現モデルの対、及び多くのミッドパワーLEDで実現モデルを含みます。 

報告書は、第二のレンズの特性がテストの長い期間にわたってほとんど変化と述べました。 その文は、任意のシフトは、LEDの動作に関連しているという結論につながります。 

これは、ランプのほとんどでΔu'v '≤0.007の報告書20.4文書化された色度シフトは、それによって、エネルギースターの要件を満たしていることを検討する価値があります。 そこに許容可能な色度シフトには広く受け入れられ標準はありませんが、以前の仕事は、Energy Starのガイドラインの範囲外PAR38ランプは、パラメトリック障害を被っていると考えました。 

新しい仕事が観察されたシフトがデザイナー/指定子に許容できるものであったか否かのいずれかのデータを追加しません。 代わりに、仕事がシフトの原因を特定し、色度試験における他のランプと照明器具と一緒に使用することができる潜在的な方法論を確立しようとしました。 それは見かけのDOEの目標ではありませんでしたが、また、データの個々の見直しは、最良の運賃PAR38設計の種類についてのいくつかの手がかりを提供するかもしれません。 

あなたは代理店のSSL Webサイト上の徹底的なDOEレポートを確認することができます。 また、あなたはキャリパー20シリーズの他のレポートを確認することができます。 新しいLEDの2012覆われた測光性能の最初の報告では、従来のソースに基づく製品と一緒にランプ。 その後、DOEはPAR38ランプで調光し、フリッカーに焦点を当てた報告書20.2を含む追加のレポートを発表しました。 以降代理店は、LEDランプが条件を強調するために立ち上がってどれだけに焦点を当てた報告書20.3公開されました。