ECO庁は新しい建物のLED照明を実装する予

ECO庁は新しい建物のLED照明を実装する予定です

ECO庁は新しい建物のLED照明を実装する予定です

2015年10月15日キャンパスライフ、建設、環境、ニュース、科学技術、生徒会のON MARCUS LIM BY


明白な統計は環境汚染の原因として、人間を指していると、エネルギー・省エネルギー機構(ECO)庁は、大学を助けるために自分の一部を行う準備ができています。 彼らの取り組みは、省エネ発光ダイオード(LED)照明のキャンパスを後付けすることを目指しています。 先週、彼らは彼らの目標に向かって勝利を達成しました。

シニアクラス上院議員メリッサ・ワイアットとECO庁チェアニカホセイニ、学生政府上院で法案が先頭に立っは、将来のすべての大学の建設に実装されたLEDライトを持って全会一致の承認を得て、できるだけ早く発生する後付けのために会いました。


「この環境取り組み方法をリードする大学として、私たちのために非常に重要である」ともECO機関の理事会メンバーであるワイアットは、言いました。 「どのくらいのエネルギーLED照明を保存すると、それは信じられないほど、私たちが必要とするものです。」


LEDライトは光害を減らすことになると同時に、水銀および他の金属を含む電球の使用を排除するであろう。 これは、大学で使用される既存の電球よりも10倍長く、彼らが最後になります。 彼らはまた、増加した視認性と低メンテナンスコストのための光の質の向上を生成します。 
ECO庁とホセイニの助けを借りて、このイニシアチブはすぐに大学での生活に来ます。 
生態系の科学と政策のシニア専攻、ホセイニは、プロジェクトの実現可能性を測定するために、ワイアットと行政の教員に精力的に取り組んできました。 ECO機関の議長は、「[彼女]生活のあらゆる面で環境保護」です。 
環境のためのホセイニの愛は彼女の行動によって、だけでなく、彼女の前腕上の物理的なインクによってのみならず、図示されています。 左腕にはその休眠段階の木のタトゥーです。 それだけで何の葉、枝を持っていません。 それは生命を持っていない、まだ死んでいません。 彼女は、これは木が成長することを期待し、彼女が世界のために起こると期待している何かの寓意を表します。 さらにそれを強調するために、彼女の右前腕にインクを付け語ペルシャ語で「希望」、彼女の母国語です。 
「私は、環境保護の世界にさらされたら、私はこれを取得したい、「ホセイニは言いました。 「2つの入れ墨で、それは可能性を意味します。 希望があります。 " 
彼女はグリーンピース、非政府環境保護団体のメンバーであり、彼女が必要としている国に安全でアクセス可能な水を持参することを目的とニカK.ホセイニ財団を実行します。 今、彼女は大学を支援しようとしています。 
夏の間、デレク・シェルドン、ホセイニのメンバーの一人は、後付けの利点を確認するためにパティとアラン・ハーバートウェルネスセンターLED照明のワイアットの調査を使用していました。 結果は有望でした。 
そこにエネルギーの62.5%の減少は、LED電球を使用してからであり、それは、よりコスト効果的であることが判明しました。 費用便益分析は、50%から70%のエネルギー節約をもたらすであろうインストールLEDが点灯したことを示す、キャンパス全体で現在の照明のエネルギー使用量とコストを検討している行きました。 
ベンチマーク機関での研究は、同様の利点を示しています。 ダートマス大学での予想ノースカロライナ大学の7年間で$ 25万ドルの節約と66%のエネルギーの節約がありました。 マサチューセッツ工科大学は、LED照明を後付けされていたキャンパス上の領域の学生の利用で100パーセントの増加、マイアミのキャンパスの大学に複製される可能性が高い傾向が観察されました。 
ウィッテン大学センターは、ウェルネスセンターの足跡をたどることを計画し、キャンパスの建物の一つです。 
「キャンパス上のすべての新しい建物は、最低基準としてLEDシルバーとして認定されるために計画されている、 "リチャード・ジョーンズ、設計と建設の準副社長はエネルギーと環境デザインにおけるリーダーシップによって認識されてについて語りました。 「私たちは、可能な実行可能にとしてエネルギー効率のように、それらの建物を設計してみてください。」 
今法案が通過したことを、残ってすべてのことは、彼らのコースを取るために行政手続きを待つことです。 後付けには時間がかかるかもしれませんが新規建設はすでに、すぐにLEDライトを実装することができます。 
12メンバーECO庁はいえ、気にしません。 彼らはいくつかの時間がかかるだろう環境を助ける知っているし、常に可能性と希望があること。 このイニシアチブは、大学のために、特に現在および将来の学生のためになっています。 
「ECO庁は学生が、学生のためである、「ホセイニは言いました。